技術紹介

HOME技術紹介 > 拡散接合/熱圧着技術

拡散接合について

エッチング加工は薄板加工の技術ですが、拡散接合/熱圧着技術を利用することにより、加工した薄板を積層し結合することで、厚物製品(底角=90度(直角)のニーズにも対応可)の製造に対応することが可能です。
金属と金属を貼り合わせるのに、通常は接着剤又はスポット溶接で接合させる方法が一般的ですが、色々と難点があります。
高温で剥がれる、または洗浄がしづらい、スポット溶接では隙間ができてしまう。それらを解決するために当社独自で開発しました熱圧着法をお勧めします。

拡散接合について

拡散接合のメリット

  • 薄板積層による高い強度で寸法変化が少ない
  • ガス発生や、はみ出し部の洗浄が問題なく清浄な仕上がり
  • 大量生産が可能でコスト削減効果
  • 深い孔やテーパー孔などの複雑な形状や流路構造が可能

製造加工イメージ

拡散接合について

接合断面形状

接合例 イメージ

接合可能な素材

接合可能な素材

  • ステンレス+ステンレス
    例) SUS304+SUS304 SUS430+SUS430
  • 42アロイ+42アロイ
  • アンバー+アンバー
  • チタン+チタン
  • 銅+銅
その他対応可能な素材もございますのでご相談ください。

接合枚数及び板厚

板厚、形状により可能なサイズが変わりますので、お問い合わせください。

接合用途例

燃料電池セパレータ 蒸着マスク 吸着板
キャリアテープ 半導体製造治具 電子機器部品
各種フィルター 熱交換器関連 燃料電池関連部品
ワイヤボンダ ヒートシンク 等

拡散接合の原理

金属表面同士を相互に原子レベル程度の距離まで接近させると、金属結合が形成されます。したがって原理的には二つの金属を近づければ接合が可能になります。
拡散結合はこの原理をもとに、加熱・加圧の手段を用いて固相状態のまま二つの金属表面を金属学的に一体化させた方法です。

拡散接合機構のモデル

拡散接合の原理
PAGE TOP